修善寺温泉で癒される《伊豆・修善寺温泉》

3月の初旬の週末に家族で訪れましたが、季節的には少し寒くて、雪が残っている状態でした。
修善寺温泉に訪れるのは、その時が二度目でした。

修善寺に決めた経緯は、関西に住む兄と関東に住んでいる私の中間地点だった事も有り
温泉で休める所を探しました。

お寺はその時、ちょうど工事中でしたが、中に入る事は可能でした。
周りにお地蔵さんらしい小さな銅像がたくさんあったのが印象的でした。
全体的にはこじんまりとしたお寺で、四季折々の草花や木々が楽しめる様です。
正面には桂川と呼ばれる大きな川があり、足湯場があります。

奥の方に進むと森林の様な大きめの竹の庭園があり、どことなく神秘的な雰囲気を醸し出しています。
それを抜けると恋愛が成就するといわれの有るらしい大きなの朱色の橋があり、
そこからの眺めは風情が有り素晴らしかったです。

上の方に階段を上って行くと再びお参りできる場所もあります。
降りると所々にお店があり、店員さんが気さくに声をかけてくれたました。
どんどん突き進むとお店があったり、宿が難件も連なって並んでいて古風な雰囲気のある街です。

耳寄り情報ページ

  • 引っ越しの費用をできるだけ節約したい方は必見です。引っ越し業者案内の楽々比較本舗は簡単なフォーム入力で数十社に無料一括見積もりを出すことができます。
  • 脱毛したい方にとってこれからの時期は割引キャンペーンが多くお得な時期です。人気サロンの最新割引情報を紹介するhttp://永久脱毛のスベ肌研究所.asia/ではスグ使えるイベント情報満載です。

即興で切り絵を販売

修善寺を中心にして移動した時、その反対側には古風な可愛いお土産屋さんがいくつか並んでいました。
印象的だったのは即興で切り絵をして、売っていたお店です。
確認していませんが、器用なアーティストの人が一人で商品を創り出していると思われました。

街全体に情緒があり、落ち着ける日本的な風情を醸し出していました。
小学生と幼稚園の子供も一緒に行きましたが、女の子のためか、それなりに楽しめている様でした。
20代~30代のカップルらしき人達もちらほらと見かけました。

週末に都会の喧噪を逃れて、ゆっくり休みたいと思う方や、まったりデートをしたいという人にもオススメです。
車で出かけて行ったので、次の日はドライブを兼ねて河津桜を見て、少し離れた所の下田漁港にも寄りました。
そこは結構人があふれ返っていました。

魚市場ならではの雰囲気を楽しみながら、ショッピングをする事が出来ました。

ピックアップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ